日記はチラシの裏の裏

他愛も無い事を落書きと共に日記としてお送りいたします。

R32 GT-R

●スカイラインGT-R

アリイの1/32スカイラインGT-R(R32)です。


ボディが白、それ以外が黒という一見親切な成型色ですが、前後バンパーが黒。


下回りは結構頑張ってますが惜しいかなセンターデフやそこから前デフへ向かうプロペラシャフト等が無く、GTS系のような下回り。


ホイールは0.5mmプラ板を巻いてインチアップ&幅増しをしますがタイヤはスープラの時のように薄いものが用意できなかったのでありもの(ハセガワのRE71)をちょん切って接着。


ボリュームが足りず貧相なバンパーは前側へずらし上下方向へも拡大。グリル&ヘッドライトもまるでR33GTSのような顔なので修正しヘッドライトの鏡面も掘り込みます。


1000番の溶きパテを塗って様子見。


後は塗って取り付けていくだけです。

完成。前回のホンダZがあまり手間をかけなかった分楽しめました。

惜しむらくは天井の形が悪くウィンドウパーツの合いが悪い事。ここはどうしようもありません。



R32GT-Rのボディカラーといえばガンメタか黒がポピュラーですがあえてレアな白。というか黒は折角のディテールが目立たないし磨きこまないと汚くなるので車のプラモではあまりやりたくない色です。




フロントバンパーの中央開口部にはキットの素の状態で巨大なインタークーラーが鎮座し、その両脇にプロジェクタータイプのフォグランプが付きます。ナンバープレートは無いのでプラ板を適当な大きさに切って取り付けましょう。リヤのナンバープレート両脇にあるはずのバックランプは取り付け穴はあるもののキットにパーツが付属しないので気になる人は透明パーツのランナーでも削り出して作りましょう。ドアミラーはエアロミラーと画像のものが2種類付属しますがエアロミラーはデカいし画像のモノは何か薄くてヘンテコです。実車のドアミラーはもう少し厚みがあり前面がボディ色で後面が黒。


手をかけてやればそれなりに見れる形になりますが、無改造素組みだとちょっと酷いかもしれません。綺麗なR32が作りたい人は素直に1/24を買いましょう。


内装?成型色のまま。
  1. 2012/01/06(金) 04:42:49|
  2. 落書き|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)